下呂温泉ファン

下呂温泉ファンは、下呂温泉で楽しく過ごすアイデア満載!

border

下呂温泉ファンTOPおすすめ観光スポット > 位山官道(匠の道)

位山官道(匠の道)

現在の高山市一之宮から、刈安峠・位山峠を経て萩原町山之口に至る区間が「位山街道」である。 当時の国司をはじめ朝廷の役人たちのほか、「飛騨の匠丁」と呼ばれる男達が、都との往復に通った道であった事もあり、「匠の道」とも 呼ばれている。  「飛騨の匠丁」は、大和朝廷が諸国を大国・上・中・下国にわけ、飛騨は山国で耕地も少なく、米や特産物も十分出来ないため「 下国」と位置付けられ、租・庸・調の税のうち庸と調が免除され、それに代わって労役として匠丁(今でいう大工職)を出す旨定められた。これが「飛騨の匠」の始まりといわれている。
この制度が定められて以降、毎年飛騨から百人ほどの男たちが、平安時代末期までの500年間に、延べ4〜5万人も徴用され、平城京・平安京の造営や寺社の建築に当たっていた。 匠丁の仕事は無給、食料自弁で、日の出から日没まで年間350日に及ぶ過酷な労働を強いられて、病や怪我で倒れたり、他国へ 逃亡したりして、再び飛騨へ戻らなかった男たちもたくさんいたという。

この匠の道が、石畳として再現されています。
この匠の道をウォーキングするコースが6.6kmであります。(初心者向け)
石畳の始まり付近にも駐車場は多少ありますが、位山自然の家で車を停めて、ウォーキングをスタートさせるのがお薦めです。
詳しいウォーキングコースについては、萩原町作成のガイド(PDF)を参考にしてください。


匠の道の入口


位山自然の家(ウォーキングのスタート地点)


だんご渕 (石畳スタート地点からすぐのところにあります)

「だんご淵といわな」
昔、平八という魚とりの名人が「根もみ」というやり方で、イワナを乱獲していた。
ある夜、お坊さんが平八の家にやってきたので、平八は「だんご」でもてなした。
だんごを20個たいらげたお坊さんは、イワナ獲りをやめるように注意したが、平八は翌朝も根もみに出掛けた。
すると渕の中に人間ほどの背丈のイワナがいて、その腹をぶすりと切り開くと、ちょうど20個のだんごがでてきたそうだ。
それ以来、そのイワナの棲む渕をこの名で呼ぶこととなったそうです。


住所:岐阜県下呂市萩原町山之口

TEL:−
アクセス:飛騨萩原駅 から車で30分





旅館

下呂温泉旅館 一覧
タイプ別おすすめ旅館
下呂温泉の旅館口コミ
温泉旅館の賢い予約方法
湯めぐり手形とは

観光

観光ガイド一覧
おすすめ観光スポット
下呂温泉観光マップ
足湯
タイプ別モデルコース

食事

食事処一覧
食事処のおすすめ

土産

お土産一覧
お土産のおすすめ

お得情報

下呂温泉豆知識
下呂検定であなたも下呂通
下呂温泉の泉質・効能
日本三名泉

アクセス

下呂温泉へのアクセス
交通費を格安に抑えるコツ