下呂温泉ファン

下呂温泉ファンは、下呂温泉で楽しく過ごすアイデア満載!

border

下呂温泉ファンTOP > 日本三名泉

日本三名泉




応仁の乱を逃れて全国を行脚した京都五山の詩僧「万里集九」は、「梅花無尽蔵」の中で、優れた温泉 地として「草津、有馬、湯島(下呂)」を紹介した。
また、徳川家康に仕えた江戸時代の儒学者・林羅山が38歳のとき、詩文集第三に、草津温泉・有馬温泉・下呂温泉が天下の三名泉と記されていたことから以来、 「日本三名泉」と称されています。 原文は下記の通り。
「諸州多有温泉、其最著者、摂津之有馬、下野之草津、飛騨之湯島(現在の下呂温泉)是三処也。」

林羅山とは

林羅山とは、京都の町家に生れ、幼少より書物に親しみ、 建仁寺 で儒仏を学んだ儒学者。18歳の時、朱子の集注を読んで朱子学に志し、22歳で 藤原惺窩に師事した。まもなく惺窩の推薦で慶長10年 家康に謁し、その信任を得、学問、政治上の諮問に応じ、また古書の収集、出版に従事した。
以来、徳川家4代にわたる侍講として外交文書や諸法度の起草にあたり、特に教学制度の確立に寄与した。


上写真は、下呂温泉街にある白鷺橋上の林羅山像です。 有名な儒学者である林羅山ですが、銅像があるのは、ここ下呂温泉だけです。 下呂温泉がここまで発展したのも、林羅山が日本三名泉に挙げたからに他ならないですから。。。



旅館

下呂温泉旅館 一覧
タイプ別おすすめ旅館
下呂温泉の旅館口コミ
温泉旅館の賢い予約方法
湯めぐり手形とは

観光

観光ガイド一覧
おすすめ観光スポット
下呂温泉観光マップ
足湯
タイプ別モデルコース

食事

食事処一覧
食事処のおすすめ

土産

お土産一覧
お土産のおすすめ

お得情報

下呂温泉豆知識
下呂検定であなたも下呂通
下呂温泉の泉質・効能
日本三名泉

アクセス

下呂温泉へのアクセス
交通費を格安に抑えるコツ